鹿公園キャンプ場|エゾシカの丘にアスレチック遊具、ドッグランまで完備の子連れに嬉しいキャンプ場

鹿公園キャンプ場へ行って来ました。

札幌から車で約1時間。安平町でアスレチック遊具やドッグラン、エゾシカまでみることができるキャンプ場です。

第1サイトと第2サイトに別れ、それぞれが特徴的です。

こちらの記事では

  • キャンプ場の概要やルール
  • 各種サイトの様子
  • 各種設備の様子
  • エゾシカの丘やアスレチック遊具の様子

行く前に知っておきたい情報をお伝えしていきます。

 

鹿公園キャンプ場 概要

基本情報

■所在
安平町追分白樺2丁目1番地

■開設期間
4月下旬~10月下旬

■問い合わせ
4/28まで安平町役場建設課0145-29-7075
4/29~管理棟0145-25-4488

■公式サイト

利用料金

■フリーサイト(持込)
持込テント、タープ  各1,000円 (町民各500円)
持込テント・タープ一体型  1,600円 (町民800円)
持込大型テント、タープ  各2,000円 (町民各1,000円)
※持込テント、タープは8人以下。
※持込大型テント、タープは9人以上。
※ぬくもりの湯とのセット割引は廃止。

■キャンピングカー、施設利用者
キャンピングカー 1,000円/1泊 (町民500円/1泊)
施設利用者 1,000円/1回 (町民500円/1回)
※キャンピングカー料金はテントを張らずに駐車場でキャンピングカーを停めて宿泊し、炊事場やトイレ等を利用する場合。
※施設利用者とは、テント等を使用せずキャンプ場スペースを使用(占用)する者です。

■バーベキューコーナー
1人400円(町民200円)

■手ぶらキャンプ(6人用:大人4人、子供2人)
1セット12,000円(町民同額)

キャンプ場のルール等

【利用時間】
宿泊/IN_13:00 OUT_11:00
デイ/IN_10:00 OUT_18:00
【管理人】駐在
【焚き火】可 焚き火台使用 直火禁止
【花火】手持ちのみ 指定箇所にて
【ペット】
【ごみ】持ち帰り
【用具レンタル】テントタープ等各種あり

 

鹿公園キャンプ場の各施設紹介

鹿公園キャンプ場は第1サイトと第2サイトに分かれております。

第2サイトの方が広くてきれいな印象ですね。駐車場も近く、アスレチックやドッグランも隣にあります。第2サイトがメインサイト的な感じでしょうか。

 

管理棟

第1駐車場の隣に管理棟があります。


管理棟側から第1駐車場を撮影。

日曜日の11:40くらいにデイキャンプで受付に行ったのですが、管理棟に誰もいませんでした。

時間的にあまり人が来る時間ではなかったせいか、外出中だったんですね。電話番号が掲げられていたので電話したらすぐに来てくれました。

管理棟入口付近に受付票が置かれたいたので、来るまでの間に記載をすませておきました。

 

第1サイト

第1サイトは管理棟からイベント広場を超えたところにあります。

車は第1駐車場へ止めて荷物を運ぶことになります。

木々で囲まれた静かなサイトといった印象です。ソロキャンプ向けですかね。

日曜の昼だったので、多くの方が撤収した後だったのかもしれません。

 

炊事場

蛇口も全部で8つはあったと思うので、第1サイトのサイズから考えると十分ですね。

 

バーベキューハウス

炊事場の隣には2棟のバーベキューハウスがあります。

1回4時間で1200円で利用できます。

 

トイレ

この立派な建物がトイレです。

 

炭捨場

炭捨場は炊事場とバーベキューハウスの間の後ろ側にあります。

 

第2サイト

第2サイトはきれいな芝でまさに公園キャンプという感じです。

通路が確保され、サイト内を移動しやすいです。


第2サイトの中央エリアを撮影

程よく木があるので木陰もたくさんあります。

キャンプ場略図を見ていただければわかりますが、色が付いていない場所はテントの設営が禁止されています。

現地にもこの様に看板が掲げられているのでわかりやすいと思います。

 

駐車場

管理棟から離れた第2駐車場を利用すると便利です。サイトのすぐ近くです。

 

トイレ

トイレは駐車場内にあります。温水洗浄便座完備です。

 

炊事場

炊事場は駐車場の脇で、サイトの近くです。

サイトの広さにしては少し小さいかな感じます。蛇口は全部で6つです。

 

リヤカー

炊事場の近くにリヤカーがあります。

写真では1台しかありませんが、数も多くありました。

 

全体的にきれいに管理され、快適に過ごすことができるキャンプ場ではないでしょうか。

第1サイトと第2サイトをつなぐ通路も林間となっていて程よく自然を感じることもできます。

それでは、エゾシカの丘など各種施設をみていきます。

 

エゾシカの丘等の各種施設

キャンプサイト以外の充実の施設をみていきましょう。まずは第2サイト側から。

ドッグラン

無料で使うことができるドッグランは第2駐車場の隣です。

足洗い場もついていました。

広さも十分なのではないでしょうか。グラウンドは土ですが、中央にトンネルもついています。

 

アスレチック

第2サイトの隣にはアスレチック広場があります。

ターザンロープやゆらゆらロープなど数種類の遊具と健康遊具もあるので大人もちょっとした運動になります。

 

よちよち広場

アスレチックの近くにはよちよち広場があります。

小さなお子様向けの遊具が揃っています。

 

それでは第1サイト側に移動します。

 

憩いの広場

第1サイトを抜けてさらに進むと憩いの広場です。


大きな東屋があり、その周りを花々が彩ります。

 

橋が見えてきました。


橋の上からエゾシカの丘側を撮影


反対側です。

こちらでは水遊びもできそうですね。


ちょっと見た感じ、ドジョウがいたので、アミを持って来たらなにかとれそうです。


池の奥から撮影

池はぐるりと一周することができます。散歩がてら虫探しなども楽しいでしょう。

 

エゾシカの丘

池の右手にエゾシカの丘が見えてきます。

近寄ると鹿も近寄ってきます。餌だ~って感じですごい勢いで寄ってきます。

近い。。。

結構な迫力です。

草などを差し伸べるとパクパク食べます。息子もだいぶ楽しんでくれました。

 

イベント広場

第1サイトの隣はイベント広場です。

野外ステージがあってイベントなどに活用できそう。

 

さいごに

鹿公園キャンプ場を紹介させていただきました。

アスレチックやエゾシカなど子供連れに特におすすめなキャンプ場です。無料ドッグランがあることからペットと一緒にキャンプに行く方にも嬉しい場所ですね。

それと個人的におすすめなのは5月中旬~6月中旬での利用です。

菜の花の時期なんですよ!


昨年参加したときの写真です。

絶景です。

今回はこの辺にしておきます。次回は追分キャンプ場で1泊し2日目に鹿公園でデイキャンした1泊2日キャンプ日記をお届けします。

深夜の謎の訪問者。ゾクッとした話しなど盛りだくさん!

お楽しみに~!

北海道キャンプ場

2020/4/1

スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールドで冬キャンプ|充実の施設とサイトを紹介します!

帯広市のスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールドで冬キャンプを楽しんできました。 日高山脈の十勝幌尻岳の麓に位置しオートサイトをメインとした広い敷地と充実した各種施設で安心のひとときを送ることができます。 冬シーズンはフリーサイトとオートサイトが利用できますが、全部が開放されているわけではありません。また、炊事場等も利用が制限されているので注意が必要です。 こちらの記事では キャンプ場の概要やルール アクセスと予約・受付方法 各種施設とサイトの様子 行く前に知っておきたい「スノーピーク十勝ポロシリキャン ...

ReadMore

北海道キャンプ場

2020/4/15

遊び小屋コニファーの冬|まさに隠れ家的オートキャンプ場!その名にふさわしいサイトを紹介します!

上川郡清水町にある隠れ家的オートキャンプ場「遊び小屋コニファー」で冬キャンプを楽しんできました。 林間サイトにきれいな川が流れ、せせらぎの音と自然を十分に満喫できるまさに隠れ家的キャンプ場。 オートサイトであることから荷物の搬出入も楽に行なえるうえ、直火OK!通年キャンプも可能!北海道でも希少なキャンプ場です。 こちらの記事では キャンプ場の概要やルール アクセスと予約・受付方法 各種施設とサイトの様子 行く前に知っておきたい「遊び小屋コニファー」冬シーズンの情報をお伝えしていきます。   目次 ...

ReadMore

北海道キャンプ場

2020/3/19

アサヒの丘キャンプ場で冬キャンプ|場内各施設と広い区画サイトを紹介します!

上川郡東川町にあるアサヒの丘キャンプ場で冬キャンプを楽しんできました。 大雪遊水公園が近く、田園地帯の丘にあるキャンプ場。通年営業していることから雪中キャンプを楽しむことができます。 サイトはカーサイトとフリーサイトがありますが、冬場はカーサイトのみが開放されております。 こちらの記事では キャンプ場の概要やルール アクセスと予約・受付方法 各種施設とサイトの様子 朝日・夕日・星空などの景観 行く前に知っておきたい「アサヒの丘キャンプ場」冬シーズンの情報をお伝えしていきます。   目次アサヒの丘 ...

ReadMore

北海道キャンプ場

2020/2/14

BEYOND VILLAGE(ビヤンドビレッジ)で冬キャンプ|大沼公園エリアの道南唯一通年営業するキャンプ場

大沼国定公園エリアにあるBEYONDVILLAGE(ビヤンドビレッジ)で冬キャンプを楽しんできました。 道南では唯一の通年営業しているキャンプ場で2020年の1月にオープン。 車を乗り入れることができるオートサイトや広々と使える区画エリア、グランピングや民泊施設のコテージなど様々なスタイルで楽しめます。 こちらの記事では キャンプ場の概要やルール アクセスと予約・受付方法 各種施設とサイトの様子 行く前に知っておきたいBEYONDVILLAGE冬シーズンのキャンプ場情報をお伝えしていきます。   ...

ReadMore

北海道キャンプ場

2020/5/26

真狩焚き火キャンプ場で冬キャンプ!雪中テント泊やコンテナ手ぶらキャンプなど多彩なプランが魅力的!

真狩焚き火キャンプ場で冬キャンプを楽しんできました。 サイト北側に羊蹄山を眺め、林間フリーテントサイトで自然を感じることができる抜群のロケーション。 コンテナを利用した宿泊施設や車中泊、手ぶらキャンプなど様々なニーズに応えるキャンプ場! こちらの記事では キャンプ場の概要やルール アクセスと予約・受付方法 各種施設とサイトの様子 行く前に知っておきたい情報をお伝えしていきます。   目次真狩焚き火キャンプ場 冬のキャンプ場 概要基本情報料金キャンプ場のルール等真狩焚き火キャンプ場 アクセスと予約 ...

ReadMore

行って良かったキャンプ場BEST5

1

星に手のとどく丘キャンプ場へ行ってきました。 道内有数の人気キャンプ場は中富良野にあります。 カーサイトやバンガローなど多彩なサイト構成で各区画が広く悠々と贅沢なキャンプを楽しむことができます。 レス ...

2

ニセコサヒナキャンプ場へ行ってきました。 蘭越町にある人気のキャンプ場はフリーサイトもオートサイトも区画分けされ、プライベート空間を確保した上に自然を満喫できます。 実際に利用してみてその人気の理由が ...

3

上川郡東川町にあるアサヒの丘キャンプ場で冬キャンプを楽しんできました。 大雪遊水公園が近く、田園地帯の丘にあるキャンプ場。通年営業していることから雪中キャンプを楽しむことができます。 サイトはカーサイ ...

4

白老ふるさと2000年の森「ポロトの森キャンプ場」へ行ってきました。 ポロト湖の脇、細い道路を車で山側へ走ること約2km、キャンプ場受付に到着。自然豊かなサイトにはバンガローとフリーサイトがあるのみ、 ...

5

真狩焚き火キャンプ場で冬キャンプを楽しんできました。 サイト北側に羊蹄山を眺め、林間フリーテントサイトで自然を感じることができる抜群のロケーション。 コンテナを利用した宿泊施設や車中泊、手ぶらキャンプ ...

-北海道キャンプ場

Copyright© PaPaMode Camp , 2020 All Rights Reserved.