洞爺湖ニセコ2泊3日キャンプ日記【前編】2日目の移動前にアクシデント

2019-06-07

2018年7月にキャンプを初めて完全にロックオン中の当サイト管理者Marutoです。

さて今回はGW後半に洞爺湖とニセコを2泊3日。はじめて連泊した様子を綴っていきたいと思います。

普段のキャンプ日記は1記事で完結しているのですが、今回は2泊3日ということで前編・中編・後編の3部構成にさせていただきます。

長々とダラダラと書いていきますのでお付き合い下さい。

まずは前編。

出発から洞爺湖財田キャンプ場での出来事です。2日目の移動前に大変な事故が発生。冷や汗をかいたって話です。

GW後半に洞爺湖とニセコへ


積み込み完了。

2泊3日ですから荷物が増えるかなと、大きくて場所をとっていたクーラーボックスを変えました。

今回導入したのがこちら


AOクーラーの24パック

外寸で半分以上小さくなったことから荷物の積み込みもしやすくなりました。

ただ、容量も半分以下になったので中身はパンパンに詰め込んでます。

そして今回もテントが無いので洞爺湖ではレンタルテント、ニセコではバンガロー利用となります。

洞爺湖1日目

洞爺湖までは札幌から約2時間。

途中「郷の駅 ホッときもべえつ」でトイレ休憩を挟んで、財田キャンプ場に到着したのは13:00すこし前でした。

チェックイン時間が13:00からなので、受付には行列ができてました。それでも10分位で受付。

レンタルのテントも受付で受け取ります。


コールマンのテント

財田キャンプ場はフリーからコテージまで様々なサイトがあります。キャンプ場の様子や詳細が知りたいかたはこちらのリンクからどうぞ。

今回、利用させていただいたのがプライベートサイトBです。

2区画が隣合わせとなったオートサイト。1区画はそんなに広くないので、テントとタープを張るには少し狭いかなって感じ。


こんな感じです。

右手にある木が区画の外になります。十分と言えば十分ですが、張るテントによっては窮屈かな。天気が良かったのでタープはキャンセルしました。

はじめて使うテントはやっぱり手こずりますよね(笑)しかも、説明書がなかったのでスマホで取説を検索して見ながら設営。管理棟に話したら取説貸してくれそうなものですがね。検索した方が早かった。

ただ、これまでカマボコテント2しか設営したことがなかったので、良い経験になったねなんてはなしながら楽しく準備ができました。

では湖へ行ってみます。

結構な波ですね。中島の存在感がたまらない光景です。

それでいて何やらエンジン音が聞こえる。


すごく気持ちよさそう。

隣のキャンプ場からなのかな?洞爺湖にはたくさんのキャンプ場が点在しているので全制覇したくなりますね。

釣りをしている人はいませんでした。この時期は解禁前だけど洞爺湖の釣りも良いらしいです。釣り好きの兄からの情報でした。

さてさて、息子はいつもの如くポケモンGOを楽しむ時間に入ったので遅めの昼食準備です。


ハンバーガー

ボイルしたハンバーグを挟んでチーズ乗せただけの手抜き昼食。

味はイマイチ。


いただきます!明るいうちから飲めるのがキャンプでの大きな楽しみの一つ。

スタンレーのタンブラーは0.47Lですから、500缶のビールにちょうどいいです。

秀岳荘のセールでおもわず買っちゃいました。

晩ごはんはいつもどおりで焼き鳥、焼き肉。

じゃがバター。

少し硬かった。


湖面に反射する夕日は場所的に無理でしたが、イイ雰囲気。

日が暮れたら焚き火

この時間はやめられない。

20:30には息子も就寝。

さて、撮影の時間です。洞爺湖も星空が綺麗です。

では寝ますか。

北海道のGWはまだまだ夜は寒いですね。安物のシェラフなので寒い。

もう少しの辛抱。今年の秋にはあたたかいシェラフを買おうと思います。

洞爺湖2日目

朝5:00頃。

朝のキャンプ場に朝日が入るとすごく雰囲気でますよね。

洞爺湖は波一つ無い。


感動的。

朝食はホットサンドです。ここ最近はこれ一択。


チャーシューを挟んでみた。


うますぎたよ。

朝食後は少しずつ撤収をはじめながらも息子と河畔を散策。

朝はやっぱり気持ちいい。

湖沿いに遊歩道があって、野鳥観察小屋とデッキもあります。

ただ、デッキは痛んでいて先端まではいけませんでした。

それでも湖の景観は必見ですね。

財田キャンプ場のチェックアウトは11:00です。次はニセコですから10:00くらいに出て、途中で温泉・食事・買い出ししたらチェックインの13:00にちょうどいいかなって思ってたんですが、事件です。

いや、事故です。

撤収が順調に進むなか、息子はもう少し遊びたいみたいでターザンロープへ向かいます。

楽しそう。

息子は7歳。小学二年生。

このくらいのターザンロープは問題ない年齢。でも息子は握力が少し弱い。

しかも、楽しんで欲しくておもいっきり後ろから勢いをつけて押してあげたんです。僕が、、、

ええ。

落ちました。途中で。

ごめんよ息子。

しかも、落ちたのが水たまりというおまけ付き。写真に見えますよね。水たまり。

服はドロドロ。おでこに傷。


これは翌日の午後に撮影。だいぶ良くなった。

本当に申し訳ない。

で、服を洗って。体を拭いて。時間は10:30でした。

ニセコへ急げ!!

さいごに

財田はすごく良いキャンプ場でした。

設備が整っていて、種類豊富なサイト。あらゆるニーズに応えることができるキャンプ場だなって思いました。

今年初のテント泊で少し寒かったですね。

基本的に楽しくて良かったのですが、最後のターザンロープは本当に失敗。次からはゆっくり押してあげます。

GWは2泊3日キャンプ。洞爺湖財田キャンプ場での1日目と2日目の午前中の様子でした。

前編はここまでです。

関連

【前編】2日目の移動前にアクシデント ←今ここ
【中編】移動とニセコ1日目
【後編】羊蹄山の朝日に感動!野々傘は混雑

\この記事はどうでしたか?/

行って良かったキャンプ場BEST5

1

星に手のとどく丘キャンプ場へ行ってきました。 道内有数の人気キャンプ場は中富良野にあります。 カーサイトやバンガローなど多彩なサイト構成で各区画が広く悠々と贅沢なキャンプを楽しむことができます。 レス ...

2

ニセコサヒナキャンプ場へ行ってきました。 蘭越町にある人気のキャンプ場はフリーサイトもオートサイトも区画分けされ、プライベート空間を確保した上に自然を満喫できます。 実際に利用してみてその人気の理由が ...

3

占冠村のニニウキャンプ場に行ってきました。 広い芝生サイトには適度に木立が立ち並び、雰囲気の良いなかキャンプを楽しめます。 オートサイトは予約が必要ですが、フリーサイトは予約無しで当日受付。スラックラ ...

4

上川郡東川町にあるアサヒの丘キャンプ場で冬キャンプを楽しんできました。 大雪遊水公園が近く、田園地帯の丘にあるキャンプ場。通年営業していることから雪中キャンプを楽しむことができます。 サイトはカーサイ ...

5

南幌町の三重湖公園でキャンプを楽しんできました。 札幌中心部から約50分ほどの距離にある湖畔のキャンプ場。 管理棟裏の平坦なメインサイトはこじんまりとしていますが、中島や湖の奥まで考えると十分な広さが ...

-キャンプ日記

© 2020 PaPaMode Camp