アオヤマ園でキャンプ&釣り|札幌市南区常磐のキャンプ場を紹介します!

2021-12-09

札幌市南区常磐のアオヤマ園へ行ってきました。

釣り堀として営業していたアオヤマ園が2021年にキャンプサイトを併設しました。

サイトは釣り堀の横の芝の広場と林間に一部。

規模としては大きくありませんが、市内中心部からアクセスしやすく車を横付けできるので気軽にキャンプを楽しむことができます。

こちらの記事では

  • キャンプ場の概要やルール
  • 予約方法
  • サイトの様子
  • 釣り堀について

行く前に知っておきたい「アオヤマ園」の情報をお伝えしていきます。

 

アオヤマ園 概要

基本情報

■所在
札幌市南区常磐136番地

■開設期間
11月末まで

■公式サイト

 

料金

■宿泊キャンプ サイト使用料金 2,200円

■デイキャンプ サイト使用料金 1,100円

 

アオヤマ園のルール等

【利用時間】IN_13:30
OUT_11:00
【管理人】駐在(18:00迄)
【焚き火】可(焚き火台使用)
【花火】可(手持ちのみ)
【ペット】一部可
【ごみ】回収なし
【レンタル】なし

 

アオヤマ園を簡単にまとめるとこんな感じのサイト

札幌市南区常磐にある釣り堀が併設のキャンプ場です。

芸術の森が近く、札幌市中心部からもアクセスしやすい立地。

釣り堀として営業しておりましたが、敷地内の芝生広場や林間をキャンプサイトとして開放しました。

車を乗り入れることができるオートサイトとして運用していることから区画数は多くなくテントがひしめき合って混雑っていうことはありません。

特に森の中の林間サイトは限定1組でまわりに誰もいないので静かなプライベート空間を楽しめます。

テントサイトは支笏湖線沿いとなるので車の走行音は多少気になりますが、札幌市内であることを考えると我慢しなければいけないところですかね。

もちろん釣りも楽しむことができます。キャンプ場利用の場合は滞在中釣り放題で1,500円でした。錦鯉がたくさん釣れて楽しいです。

炊事場やトイレは管理小屋の近くに設置されています。

オーナーの温かい対応もあって気持ちよくキャンプの時間を過ごすことができました。

アオヤマ園 予約について

利用には予約が必須です。

予約は電話・メール・各種SNSとなっています。

電話011-591-3749

メール・各種SNSのリンクは公式サイトをご確認ください。

>>公式サイト

アオヤマ園 サイトの様子


アオヤマ園の敷地はこんな感じです。

あくまでも自作の場内マップなので参考までとしてくださいね。


支笏湖線から坂を下って降りると駐車場があります。


駐車場

駐車場前に管理小屋があるのでそこで受付です。

受付は管理小屋


管理小屋

駐車場側からも釣り堀側からも入れます。


釣り堀側入口


受付

駄菓子などちょっとしてものが販売されていました。

薪ストーブ、水槽、食事ができる小上がりなどなど、アットホームな雰囲気の管理小屋です。


薪も販売されていました。

700円でした。

トイレ


トイレは駐車場側にあります。

男子は洋便器が1つと小便器が2つでした。

温水洗浄などはありません。

炊事場


炊事場は釣り堀側にあります。

手洗場と書かれた場所です。


蛇口は2つ

ハンドソープなども常備されていました。

作業台やペーパータオルがあるのも良かったです。

焼き網や鉄板を洗うブラシも備え付けです。

ゴミは持ち帰りとなりますが、残飯と炭は処理する場所があります。


炊事場横です。

テントサイト(芝生広場)

それではテントサイトを見ていきます。

まずは釣り堀奥の芝生広場から


向こうです。

テントサイトに車を1台横付けできます。2台目からは管理棟側の駐車場を利用。

駐車場からサイトへ向かう通路


木が巻き付いた白樺

お菓子みたいな木ですね。ピコラでしたっけ?それにも見えるし蛇が巻き付いているようにも見える。

話が反れました。

この通路を進んで行くとサイトです。


特段なにがあるわけではないですが、芝生広場です。

部分的に土だったり砂だったりしますが、概ね芝です。


道路側にはオーナーの畑があります。


サイトの一番奥から釣り堀側を撮影


端の方には木が立って雰囲気が良いです。

柵の向こうは真駒内川ですが乗り越えて行くことはできません。


釣り堀側に設営できればテントからすぐに釣りができます。


区画はトラロープで分けられていますが、初めての場合わかりづらいかもしれません。ただ、チェックイン時にサイトまでオーナーが案内してくれていた様なので教えてもらえると思います。


秋は紅葉がきれいでした。夏は木々が生い茂りまた違った雰囲気になると思います。

テントサイト(林間)

林間に1区画限定の林間サイトがあります。


秋で葉が枯れ落ちていますが、やはり夏は良さそうです。

車もそばに停めることができますし、広々使える感じです。


今回はこちらを利用させていただきましたが、なかなか良かったです。


芝生広場へ向かう通路から撮影(右手に釣り堀です)


林間サイトの脇にはこの様な区画も


赤丸のあたり

地面が砂なのでデイキャンプで利用しているそうです。

釣り堀

釣り堀は1時間:大人1,000円、子供900円。半日:大人3000円、子供2600円

となっていますが、キャンプ利用の場合は滞在中釣り放題で1,500円です。

竿とタモを借りて、鯉釣りを楽しめます。


各所にベンチが設置されております。


キャンプを楽しみながら釣りとなると時間のやりくりが難しいですが夏なら日も長いのでチャレンジしてみるのもいいですね。


いい時間でした。

キャンプ場の様子は動画でも紹介しています。

キャンプ場を歩いて撮影した動画を公開しています。写真だけでは伝わらないサイトの様子をご確認ください。

今後もキャンプ場の様子がわかるような動画をUPしていきます。動画良かった、参考になったと思ったら是非チャンネル登録と高評価お願いします!

励みになります。

さいごに

札幌市に新しくできたキャンプサイト、アオヤマ園を紹介させていただきました。

釣りとキャンプを楽しめる場所。林間サイトは広くて静かですごく良かったです。

芝生広場も車の乗り入れが可能で利用しやすいです。ファミリーからソロまで幅広く利用できるキャンプ場だなぁと思います。

札幌市民なら近いので気軽に利用できますしオススメです。

冬の営業も検討中とのことですが、今年は難しいとのことでした。

11月上旬にソロキャンプを楽しんだ様子はキャンプ日記にも書いていきますのでお楽しみに!

それでは今回はこの辺で。

では!

-北海道キャンプ場

© 2022 PaPaModeCamp北海道キャンプライフ