solocampersfield FOREST MUSIC|ソロキャンプ専用キャンプ場!張碓のフォレストミュージック

小樽市張碓町のフォレストミュージックへ行ってきました。

solocampersfield FOREST MUSICはソロキャンプ専用キャンプ場で2022年にオープンしました。

札樽自動車道の張碓大橋の下に位置する大人の隠れ家の様なサイト。

こちらの記事では

  • キャンプ場の概要やルール
  • 予約・受付方法
  • 各種施設
  • キャンプ場の様子

行く前に知っておきたい「solocampersfield FOREST MUSIC」の情報をお伝えしていきます。

 

solocampersfield FOREST MUSIC 概要

基本情報

■所在
北海道小樽市張碓町94

■開設期間
確認(冬期営業予定)

■公式サイト

 

料金

【サイト料金】
3,000円

solocampersfield FOREST MUSICのルール等

【利用時間】
IN_12:00~
OUT_10:00
【管理人】駐在
【焚き火】可(焚き火台必須)
【ペット】不可
【ごみ】有料
【レンタル】無し

 

solocampersfield FOREST MUSICを簡単にまとめるとこんな感じのサイト

小樽市張碓にあるソロキャンプ専用のキャンプ場。

グーグルマップを見たときにこんなところにキャンプ場があるの?って疑問に思いましたが札樽自動車道張碓大橋の下に小さなキャンプサイトが存在しています。

高架下の駐車場に車を停めて奥に進むとタープとテントが見えて来るのでそこが受付。

受付の右手に炊事場とトイレが並んで配置されています。炊事場の水はポリタンクに貯めた水を使っていることから飲用には適しません。

トイレは仮設が2台。男子と女子に分かれておりきれいに清掃されています。

テントサイトはすべてソロ専用サイトです。複数人で利用する場合は最大で2名まで。ただし各自別区画を利用しソロキャンプとすることで可能となります。

サイトは女性専用サイトが1区画。他、6区画がありました。サイトの一番奥にはサウナテントがあり別料金で利用可能です。

サイトの上空を高速道路(張碓大橋)が走っていますが、思ったほど気になることもなく張碓大橋の赤いトラス構造が景観のアクセントになっています。

テントサイトは小型のテント1張りが限界の広さです。場所によっては小さなテントでも難しい場所もあります。大きなテントは設営ができないケースがあるので事前に確認をしておくといいでしょう。

フォレストミュージックという名の通り、受付テントからは音楽が流れています。音量は控えめで心地よい音楽。テントサイトまでは聞こえない程度の音でした。

また、夜には暖炉の様な焚き火台に火が入り、キャンプ場スタッフと語らいの場になったりしています。アットホームな雰囲気が心地よいキャンプ場でした。

まだまだできたたばかりのキャンプ場でこれから開拓がすすみサイトも増えることが期待できます。

※こちらの記事は2022年10月に利用しまとめた物です。

solocampersfield FOREST MUSIC 予約・受付方法

予約方法

FOREST MUSICを利用する場合は予約が必要です。

予約はなっぷから可能。

>>WEB予約システムなっぷ

当日のみ電話予約可能です。

電話番号は公式インスタグラムのプロフィールに記載があります。

>>公式インスタ

solocampersfield FOREST MUSIC各種施設

それではキャンプ場を詳しく見ていきます。


キャンプ場の配置図です。

※こちらの場内マップは現地を利用し独自に作成したものです。大体で作っているので参考までとしてください。

サイト入口と駐車場

国道5号線を札幌方面から小樽方面へ走ると右手にホテルがあります。そこを右折し進むとキャンプ場です。


この看板がキャンプ場入口

入ってすぐ右手に駐車場です。


高架下に沿って駐車場があります。

こちらに駐車して奥へ


フェンス越しに進みます。

エントランスタープ


進んだ先にキャンプ場入口が見えてきます。

タープの奥のテントが受付場所です。

受付テント


こちらのテントが管理棟みたいなものです。


受付カウンター

受付票への記載、利用料の支払いをし利用するサイトを案内してくれます。

暖炉

暖炉でいいのかな?薪を焚べて温まることができる薪ストーブの様な物があります。

夜はこちらに火を入れスタッフや利用客が語らいしておりました。


なかなか良い雰囲気でした。

炊事場


物置を利用した炊事場


立派な流しですが、水圧は弱いです。

理由はポリタンクで給水しているから。


水道水を運びタンクに貯水。それを流しに繋いでいます。

水を入れてから時間が立つと塩素が抜けるので飲用するには注意が必要です。料理等でつかうにも煮沸してからが良いでしょう。

炊事場はちょっとした洗い物ができる程度で考えると良いでしょう。

飲用の水を忘れた場合や持っていかない場合は受付でミネラルウォーターを販売しているので購入することができます。

トイレ

トイレは炊事場の奥に2こあります。

右手が男子で左手が女子。


きれいに掃除されていました。

薪の販売


薪の販売もあります。

太い薪から細い薪までいろいろです。

料金は500円からです。僕の場合はB-6君でちまちま焚き火をすることが多いので500円分で足りましたが、普通サイズの焚き火台でやるには500円分では足りないと思います。

solocampersfield FOREST MUSICのサイトの様子

それではサイトをそれぞれ見ていきます。

テントサイト

受付テントの奥に道が続き、右手にテントサイトが点在しています。


林間で雰囲気が良いです。

ちょっと場内マップを拡大します。


区画に番号をつけていますが、これは僕が紹介しやすいように独自でつけた物です。現地でこの番号で区画されている訳ではないのでご注意ください。
ということで手前の女性専用1番から見ていきます。


入口


通路


ここが一番広い区画かもしれません。

少し高台にもなっています。石とかもあるのでテントのサイズによってはペグダウン位置に困ったりするかもしれません。

本当にソロ用のテントであれば余裕ですが、サーカスTCとか持ち込んだらギリ...いや、無理かもって感じです。張れても焚き火の場所がないとかなりそう。

ソロ用テントがベターです。

次はそのとなり


2番は結構な狭さ。


女性専用サイトから撮影。こう見るとそれなりにいけそうですかね。


通路奥に見えるのが3番です。


3番にはこの日、パンダが設営されていました。ギリギリ端に設営して焚き火スペースを設けることができる位の広さでした。


通路左手のサイトが5番。

そして通路の奥に難所の4番。


もう平らなところが三角形。

今回はこちらを利用しました。タープ泊だったので予定していた張り方ができなく、こうなりました。


案外OKでした。


就寝時はフルクローズも問題なし。

次は6番


わかりずらいので赤で線引きました。

それなりの広さがあります。

そして6番の奥にあるのが7番です。


7番。ここはいいですよ!

一番奥で荷物運びが大変かもしれませんが目の前が森で最高です。

サウナテント


サイトの一番奥にはサウナテントがあります。


3時間3,000円って聞いたと思います。

利用したい方は詳細を確認してみてください。


整ってくださいって感じでしょうか。


テント裏にはシャワーもありました。

荷物の搬入時

荷物の搬入時には受付付近まで車を入れることができました。

駐車場からサイトまで全部を歩いて運ばなければならない訳ではないので助かります。

さいごに

小樽市張碓のキャンプ場、solocampers field FOREST MUSICを紹介させていただきました。

ソロキャンプ専用サイトは静かで過ごしやすい環境でした。高速道路の車の音は聞こえますが、そこまで気になるものではありません。

各区画は思った以上に狭い場所もあります。キャンプを初めたばかりの方には少しハードルが高いかもしれませんが、一人で静かにキャンプをしたい方にはうってつけの場所です。

参考になりましたでしょうか?

今回はこの辺にしておきます。

それではまた!

-北海道キャンプ場, 後志

© 2022 PaPaModeCamp北海道キャンプライフ