きのこの里あいべつオートキャンプ場|充実した施設で釣りも楽しめるファミリーにおすすめのキャンプ場

2020-07-27

愛別町のきのこの里あいべつオートキャンプ場に行ってきました。

フリーテントサイトとカーサイトに分かれ、施設が充実している他、気軽にニジマス釣りも楽しめることからファミリーに人気のキャンプ場。

※現在は新型コロナウィルス感染症対策として利用できない施設もあります。ご注意ください。

こちらの記事では

  • キャンプ場の概要やルール
  • 予約について
  • サイトの様子
  • 遊水池やニジマス釣りについて
  • 隣を流れる石狩川

行く前に知っておきたい「きのこの里あいべつオートキャンプ場」の情報をお伝えしていきます。

 

きのこの里あいべつオートキャンプ場 概要

基本情報

■所在
北海道上川郡愛別町字愛山131番地

■開設期間
7月中旬~9月下旬

■公式サイト

 

料金

■キャンピングカーサイト
1泊 4,500円
日帰り 2,500円

■スタンダードカーサイト
1泊 3,500円
日帰り 2,000円

■フリーテントサイト
テント1張り 1,500円
タープ1張り 500円

■入場料(日帰りのみ)
100円

■釣り
1時間 500円

 

きのこの里あいべつオートキャンプ場のルール等

【利用時間】IN_13:00~19:00
OUT_7:00~11:00
【管理人】駐在(9:00~17:00)
【焚き火】可(焚き火台使用)
【花火】所定の場所のみ可(池の周辺)
【ペット】可(許可制)
【ごみ】回収有り(7:00~11:00)
【レンタル】各種有り

 

きのこの里あいべつオートキャンプ場
予約について

きのこの里あいべつオートキャンプ場はすべて予約制です。

フリーサイトも予約が必要になるのでご注意下さい。

予約方法は電話となり、4月1日から一斉に受付します。

キャンプ場の開設期間は7月中旬~9月下旬となることから開設期間外は予約連絡先が異なりますのでご注意下さい。

■4月1日~開設日まで
指定管理者/西村建設工業㈱01658-6-5610

■7月中旬からの開設期間内
現地管理棟01658-7-2800

 

きのこの里あいべつオートキャンプ場
サイトの様子


場内マップ

それでは順に見て行きましょう。

管理棟


管理棟は敷地内に入って右手にあります。

管理棟前やその左に駐車場があるので駐車後受付です。


駐車場

駐車場側の入口から入って右手に受付があります。


写真奥の入口が駐車場側

受付票へ記載し支払いを済ませてサイトに向かいますが、充実の管理棟の内部を少し紹介します。


受付のとなりには売店があります。

花火やBBQ用品など、買い忘れた場合の足しになりそう。


アイスクリームやお酒、ロックアイスなども揃っています。


お菓子や虫あみ、カップラーメンなど。

ポットや電子レンジの利用も可能です。

コインランドリーやシャワールームも完備。


コインランドリー利用料は洗濯機200円、乾燥機300円です。

24時間利用可能です。

シャワーは1回15分で200円。7:00~22:00までの予約制。


新型コロナウィルス感染症対策で閉鎖中でした。

トイレも24時間利用可能で清潔です。


男子トイレ大便器は和2と洋1(温水洗浄便座付き)でした。

管理棟のトイレはカーサイト利用者が主に使うことになります。

ゴミステーション

駐車場脇にはゴミステーションがあります。

利用時間は7:00~11:00

分別方法が記載された用紙とゴミ袋が受付時に手渡されます。良く確認し利用しましょう。

キャンピングカーサイト

カーサイト内は一方通行で時計回りとなります。


カーサイト専用入口

まずはキャンピングカーサイトが手前にあります。


A-1区画を後ろから撮影。

電源は30Aで2口。給水栓、汚水排水口があり、サイト数は6つです。

炊事場は隣にあります。

スタンダードカーサイト

B-17区画から、B-8方面を撮影。


駐車スペースには車を入れやすい様に切り込みが入っています。(一方通行なので進行方向側へ)

ただ、区画のどちらに車を止めればいいかは迷います。駐車区画に番号が無いので。

はじめは切り込みが入っている理由がわからなかったので、切り込み側が自分のサイトだと思ったのですが、違いました。


B14の駐車場は左側です。

スタンダードカーサイトはすべて車は左側です。

実際に場内マップではどちらを使うかわかるようにしていますので参考にしてください。

スタンダードカーサイトは結構狭く感じます。

テントとタープを設営するのに少し手こずりました。

テント設営スペースが1段上がっているので、端のサイトや隣との距離があるサイトでもその段があることでツールームテントなどは設営しづらそう。


この段差がネックになるかも。

ただ、区画サイトなので文句は言えませんけどね。

電源は15Aで2口。


区画番号が書かれた照明の後ろに電源があります。

上のスイッチで照明のオンオフができます。

 

炭捨て場は各所に設置されています。

スタンダードカーサイトでは3箇所確認しましたが、他にもあるかもしれません。

トイレは管理棟内で炊事場は管理棟の隣にあります。

いずれも、階段を登った先となります。

B-10区画あたりから管理棟を撮影。

管理棟の左手に炊事場があります。


キャンピングカーサイトA-6前の通路からスタンダードカーサイト側を撮影した様子。

フリーテントサイト

フリーテントサイトは1段下がったところにあり、雰囲気が良いです。


駐車場側から撮影。

広いスペースに木立が適度にあります。


この写真を撮影した場所は下のマップを御覧ください。

フリーサイトは管理棟側から1段下がったところにあり、荷物の搬入が大変なのではと感じますが、大丈夫。

フリーサイト専用の駐車場がサイト脇にあります。


フリーサイト用駐車場。


フリーサイト入り口にはリヤカーも準備されています。

今回はオートサイトを使いましたが、個人的にはここはフリーサイトが雰囲気良くておすすめです。

特に林間サイト。


この感じです。

トイレや炊事場もあります。


トイレ


しっかりと温水洗浄便座完備です。


トイレ前からサイトを撮影。

イベントテントの様なところが炊事場です。


十分ですね。

 

きのこの里あいべつオートキャンプ場
遊水池とニジマス釣りについて

遊水池


遊水池

大きな池があり、遊べる設備もあります。


アルキメデスのポンプ

ハンドルを回すと水を下から汲み取って上から放出されます。

他にも水鉄砲の装置がありましたが、故障中でした。

ニジマス釣り

サイト脇には遊水池にながれる水路があります。


スタンダードカーサイト側の水路


遊水池側を撮影


東屋と水車


遊水池側にはニジマスが放流されています。

ニジマス釣りは1回1時間500円で5匹まで持ち帰りできます。それ以上はリリースがルールです。

竿を受付で借りてチャレンジしましょう。餌もついてきますよ。

 

キャンプ場近くを流れる石狩川

遊水池の奥へ歩をすすめると石狩川があります。


フリーサイトの出口ルートにもなっています。

本格的に釣りをしている方もいます。

 

さいごに

きのこの里あいべつオートキャンプ場でファミリーキャンプを楽しみました。

新型コロナの影響でシャワーが使えなかったり、ニジマス釣りの人数制限などがされていますので、ご利用の際はご注意ください。

フリーサイトも予約制で50サイトが利用可能です。

オートにキャンセルが出たとのことで当日連絡で利用できましたが、フリーは一杯と言われました。ただ、それにしては空いているなぁと感じたので、もしかしたらコロナで規制をしているかもしれません。

キャンプ場は施設が充実しており、釣りや水遊び、虫取りなどファミリーキャンプには最適な場所です。

フリーサイトが特に過ごしやすそうでした。雰囲気がいいです。

ちなみにクワガタもとれました!

クワガタの撮り方、、、いや、採れ方?はキャンプ日記に書いていきます。

ということで今回はこの辺で。

では!

上川地方里巡り 2泊3日キャンプ日記【前編】クワガタとシロアリ

続きを見る

\この記事はどうでしたか?/

行って良かったキャンプ場BEST5

1

星に手のとどく丘キャンプ場へ行ってきました。 道内有数の人気キャンプ場は中富良野にあります。 カーサイトやバンガローなど多彩なサイト構成で各区画が広く悠々と贅沢なキャンプを楽しむことができます。 レス ...

2

ニセコサヒナキャンプ場へ行ってきました。 蘭越町にある人気のキャンプ場はフリーサイトもオートサイトも区画分けされ、プライベート空間を確保した上に自然を満喫できます。 実際に利用してみてその人気の理由が ...

3

赤井川村にあるアカイガワ・トモ・プレイパークでキャンプを楽しんできました。 札幌から約1時30分ほどの距離にある自然豊かなキャンプ場。 平坦で広い芝サイトが広がり程よく林間サイトも構成されています。車 ...

4

上川郡東川町にあるアサヒの丘キャンプ場で冬キャンプを楽しんできました。 大雪遊水公園が近く、田園地帯の丘にあるキャンプ場。通年営業していることから雪中キャンプを楽しむことができます。 サイトはカーサイ ...

5

南幌町の三重湖公園でキャンプを楽しんできました。 札幌中心部から約50分ほどの距離にある湖畔のキャンプ場。 管理棟裏の平坦なメインサイトはこじんまりとしていますが、中島や湖の奥まで考えると十分な広さが ...

-北海道キャンプ場

© 2020 PaPaMode Camp