多分混んでるよねって行ったら案の定でした。ときわキャンプ場での1泊2日キャンプ日記

ペトロのメンテに忙しいマルト(@marutopapa)です。

2020年7月。安平町のときわキャンプ場に行ってきました。

キャンプシーズンの7月。どこに行っても混雑してるだろうとあえて近場のキャンプ場を選んでみたのですが、案の定、混雑していて少し萎えました。

前回の三重湖の空きっぷりが愛おしく感じながら行列にならびましたが、ファミリーキャンプにはうってつけの良いサイトでした。

天候も穏やかで、夕日がきれいで、、、

それではキャンプの様子をご覧ください。

 

1日目

安平町ときわキャンプ場へ出発


積み込み完了。

7月ですね。キャンプシーズン到来なんでしょうか。個人的には暑くてつらくなってくるのですが、一般的には適したシーズン。

荷物も軽量になってきます。

さて、今回はどこに行っても混雑してるでしょうから、なるべく近場で探しました。

胆振東部地震のあとから営業をストップしていた安平町ときわキャンプ場。いつか行きたいなぁと思っていたキャンプ場です。すべり台があって息子も楽しいだろうと期待しつつ準備しました。

午前中は息子の用事があったので、ゆっくり買い出しして札幌を12:00に出発。チェックインが13:00だから混雑しまくってるところに到着なのかなって予想でした。

 

安平町ときわキャンプ場にて

案の定、混雑

現地に着くと管理棟には長蛇の列。

案の定ですね。

受付票への記載が先でそのあとに並ぶのですが、公式サイトから用紙を印刷し書いて持って行きました。

その方が早く列に並べます。

約15~20分並んで、チェックイン。

ときわキャンプ場の場内はこんな感じ。

キャンプ場の詳細については別記事で紹介しています。この記事は完全に日記ですから、キャンプ場の設備など詳しく知りたい方は次のリンクからどうぞ。

 

設営場所を選ぶのに苦労

さて、どこに設営するか。

14:00近くに入ったらすでにどこも満杯。

奥に行けばそれなりに空いていますが、さすがに遠すぎる。

荷物が多めの我が家にしては辛い。

ということでこちらの隅っこを確保。

 

設営完了。乾杯!


設営完了。

トイレがとなりで人通りが多い場所でしたが、リビングを山側に向けたらプライベート感は多少でました。

取り敢えず乾杯ですね。

受付で並んだり、設営場所に悩んだり、搬入時にリヤカー確保できなかったりですでに16:00少し前。


乾杯。

調理なしで食べれるものをチョイスしてよかった。

 

場内散策、息子はポケモンGO

さて、遊ぶぞ!

息子は設営中にすべり台で一回遊んだらしい。

もう一回行くか聞くと

「行かなくていい。それより近くにジムあるからそこ行く」

ポケモンGOのジムのことです。

最近、息子は寝ても覚めてもポケモンGO。だから、キャンプ場でもジムやポケストがあるかは重要なポイント。

ジムがなければテンションだだ下がりする訳です。

ここには隣の公園にジムがあったので良かった。でも、結構遠く、険しい。

野球場のバックスクリーンの後ろを登る。登る。。。。登る。


今日はこの坂を何回登るのか。。。

登るとそこは公園ですから、遊具もあります。

もちろん遊ぶ。

そして、ポケモンGOの為、しばらく滞在。レイドバトル待ち。

僕は待ちきれなくて少し散策。

健康の森に足を運んでみました。

楽しそう。

クワガタを探している家族もいて、翌朝は早くから歩いてみようかなと考えたりしました。

すべり台も新しくなったそうです。地震前はここも林だったと思うので、結構な被害だったのだなと感じました。

再開できてよかったなと思います。

 

夕焼け。食事

夕焼けがいい雰囲気。

食事準備です。

カルディのさばカレー。

これが美味しいらしい。

さばがゴロッと入ってる。


鍋に入れて温めていく。


たしかにうまい。

骨もあるけど、もろくてまんま食べれる。

 

ペトロマックスが消える

食事をしてると何やらペトロマックスの明かりが安定しない。

点滅するように明るくなったり暗くなったり。

圧下がったかなとポンピングするも時すでに遅し。

消えました。

前回の赤井川でも同じ現象で消えました。その時は再度点灯できたのですが、今回はもうダメでした。

燃料が少なかったのが原因かもしれませんが、グリップホイールを右に回すと引っ掛かりがあるのも気になってはいました。左回りならスムーズなのですがね。

とにかく暗いので急遽、フュアハンドランタンに点灯。

それでも暗いのは変わりないですね。仕方がない。ペトロマックスを導入するまではいつもこうだった訳だから問題なし。

気を取り直してジンギスカンたべるぞ!

 

焚き火でジンギスカン

メインランタンとなったジェントスを薪グリルに近づけて焼き加減を見る。


スキレットで焼いていく。

北海道定番の味をいただきました。

ついでにトウモロコシも焼いて食しました。これもキャンプで良く食べる我が家の定番になってきました。

時間も21:00を過ぎています。

息子が肝試しとかつぶやき出したので健康の森へ二人で探検に向かいました。

クワガタいないかなと少し期待しながら。

森へ向かい。しばし探検しながら探しましたがみつからず、戻ります。

そこで息子が。

「管理棟まで行こう」

テントを通り過ぎますけど。。。

管理棟にポケストがあって、ポケモンが良くでるのですよ。

肝試しとか言いつつもこっちが目的か笑

やっぱり楽しそう。

テントに戻ってすぐに息子は就寝。僕と妻は焚き火を楽しみます。

夜もふけ


曇って星空は見えないし、ピントも外すし、

寝る。

 

2日目

キャンプ場撤収まで

早起きでクワガタ探しも、、、

おはようございます。

am4:00です。

早めに起きて場内を散策しました。

写真を撮るのに適した時間ではあるのです。みんな寝てるからね。

でも、この日は暗いのでブログとかで使えそうな写真は難しそう。

しかし、混雑している。

油断禁物とは言え、皆がキャンプを楽しめる様になってよかったなと実感しました。

健康の森へも行ってみます。

クワガタの姿は無し。

更に奥へ、、、

散策コースみたいになってましたが、さすがにどこに出るか不安だったので後戻り。

まだ早いのでコットで横になって木の葉を見つめてました。

 

朝食と撤収

am7:30

みんな起きてきたので、まずはコーヒータイム。

朝もカルディにお世話になる。

そして、朝食。

エビピラフ。

フライパンで炒めるだけ。簡単。

さらに、

ウィンナー

食事後は慌ただしく撤収準備。

チェックアウトは11:00だ。

ある程度荷物をまとめて、リヤカーを取りに行く。

もちろん、すべて出払っており利用できません。

少しずつ手持ちで運びます。

これが辛い。

駐車場まで遠いから。なるべく近くに車を移動してテントを畳んでいる段階でリヤカーを確保できました。


撤収完了です。

まっすぐ帰るかなと思ったけど。

息子が「近くに雪だるま郵便局あるから寄る。」

ポケ活である。

 

雪だるま郵便局

なんともかわいい郵便局。

ポストまで。

そして敷地内にはこんなのまで。

ボタンを押したらなにやら動くのか、音がなるのか、、、

恐ろしくて押せない。

なんでもここは雪だるまを国内外に発送する「雪ダルマ郵便小包発祥の地」らしいです。

なんともレアな郵便局。地域起こしのシンボルなんですね。雪だるま。

 

息子のポケ活も終わったので帰ります。

 

さいごに

安平町ときわキャンプ場でファミキャンを楽しみました。

混雑はするだろうなと思いましたが、満場となっていなくてホッとしました。

テントサイトは様々な雰囲気の場所があり、バンガローやツリーハウスもあるので充実しているサイトだなっていう感想です。

すべり台や健康の森、小川も流れているのでファミリーキャンプにはうってつけの場所です。

多くの子供の声でにぎやかなキャンプ場でした。

ただ、ペトロマックスが不調で心配の中、帰宅しました。

購入したスター商事に電話で聞いたところ、点滅は灯油が少なかったのが原因かもってことで、グリップホイールは中の部品がずれてるかもってこと。

で、分解。

なんとなく良くなった気がするので次のキャンプで試してみるぞ。

今回はこの辺で、では!

キャンプ日記

2020/10/21

雨スタートも神々しい夕日と星空。子供の様に積丹ブルーを楽しんだ野塚野営場1泊2日キャンプ日記

ReadMore

キャンプ日記

2020/10/17

電源サイトの秋。ストーブは灯油?電気?美瑛観光も楽しんだ東神楽1泊2日キャンプ日記

ReadMore

キャンプ日記

2020/10/2

天気回復しそうだから急遽ソロ行ったらキャンプ場50箇所目でめでたいんだけど特段何もしないのはなんだからランキングの発表でもしてみようと思う。大沼野営場での1泊2日キャンプ日記

ReadMore

キャンプ日記

2020/9/30

リベンジ!星空と麓郷展望台。星に手のとどく丘での1泊2日キャンプ日記

ReadMore

キャンプ日記

2020/9/26

小学校跡地だからなのか?懐かしくも独特な雰囲気にのまれつつ楽しんだキャンプはゲリラ豪雨や幻想的な霧の朝日にも包まれた!雪月花廊1泊2日キャンプ日記

ReadMore

\この記事はどうでしたか?/

行って良かったキャンプ場BEST5

1

星に手のとどく丘キャンプ場へ行ってきました。 道内有数の人気キャンプ場は中富良野にあります。 カーサイトやバンガローなど多彩なサイト構成で各区画が広く悠々と贅沢なキャンプを楽しむことができます。 レス ...

2

ニセコサヒナキャンプ場へ行ってきました。 蘭越町にある人気のキャンプ場はフリーサイトもオートサイトも区画分けされ、プライベート空間を確保した上に自然を満喫できます。 実際に利用してみてその人気の理由が ...

3

占冠村のニニウキャンプ場に行ってきました。 広い芝生サイトには適度に木立が立ち並び、雰囲気の良いなかキャンプを楽しめます。 オートサイトは予約が必要ですが、フリーサイトは予約無しで当日受付。スラックラ ...

4

上川郡東川町にあるアサヒの丘キャンプ場で冬キャンプを楽しんできました。 大雪遊水公園が近く、田園地帯の丘にあるキャンプ場。通年営業していることから雪中キャンプを楽しむことができます。 サイトはカーサイ ...

5

南幌町の三重湖公園でキャンプを楽しんできました。 札幌中心部から約50分ほどの距離にある湖畔のキャンプ場。 管理棟裏の平坦なメインサイトはこじんまりとしていますが、中島や湖の奥まで考えると十分な広さが ...

-キャンプ日記

© 2020 PaPaMode Camp