厚田公園キャンプ場 川遊び・遊具・星空・サケの遡上まで満喫したよ!

2018-09-05

厚田公園キャンプ場で楽しんできました!

札幌から約1時間のキャンプ場は遊具遊びも川遊びもできるファミリーキャンプに最適な場所。

満天の星空とサケの遡上まで見れて大満足の1泊2日となりました。

こちらの記事では厚田公園キャンプ場の施設と1泊2日キャンプを楽しんだ様子をお伝えしていきます。

厚田公園キャンプ場 概要

基本情報

■所在
石狩市厚田区厚田120

 

■アクセス
国道231号線を札幌方面から向かうと厚田川の橋があるので、超えてすぐに右折(セコマ手前、看板あり)。道道11号を約3km走ると左手にこの看板があります。


ここを左折し直進するとキャンプ場です。

■開設期間
5月12日~9月30日まで

■サイト使用料
大人 200円
小学生 100円
持込テント(1張) 1,000円(日帰りは500円)

■問い合わせ
0133-78-2100(管理センター)
開設期間外は0133-78-2300㈱あい風

キャンプ場のルール等

【利用時間】IN_12:00~17:00 OUT_10:00
【管理人】9:00~17:00
【焚き火】直火禁止 焚き火台使用OK
【花火】手持ちのみOK
【発電機】禁止
【ペット】禁止
【ごみ】分別回収有り
【用具レンタル】無し

ソフトバンクの電波がありませんでした。スマホからしばし離れて自然や家族との会話を満喫できます。

 

各施設紹介

公園内の全体図です。管理棟の場所記載がなかったので入れておきました。

入口にはこのような木彫りのモニュメントがあります。

ここを入って左手の橋を渡ると駐車場と管理棟があります。

受付で注意事項を確認し支払いです。券売機があるのでそちらで券を購入する流れとなります。

管理棟右側がゴミ庫となっています。

管理棟の向かいが駐車場となっており、奥がキャンプ場です。全体図でみると左側ですね。右側は遊具等がある広場です。

混雑している繁忙期には遊具広場もテントサイトとして利用可能となりますよ。

まずは、左側のキャンプ場側から見ていきましょう。

 

サイト内

白樺の林を取り囲むように通路が配置され、車で乗り入れることができます。オートキャンプのように使えるのが便利ですね。

駐車区画が配置されその後ろにテントを設営できます。駐車区画は数多くありますが、繁忙期の週末にはほとんどが埋まっている状態です。

ちなみに今回伺った9月上旬の土曜日。15:30に現地到着ではさすがに空きはありませんでした。写真は翌日日曜日の10:00すぎです。

キャンプ場の周りにはきれいな清流がながれ、水遊びができます。秋にはサケの遡上も間近で見ることができるんですよ。

炊事場は1ヶ所。蛇口が少し高めなので、踏み台が設置されています。

トイレは駐車場の脇に1ヶ所。こちらは裏側の多目的トイレ。表側に男子トイレと女子トイレがあります。

男子トイレは小便器が2つと大便器が1つ。洋式でした。

トイレ脇には公衆電話と自動販売機。

使用済みの炭は管理棟の脇の缶に処分することができます。

それでは橋を渡って反対側の遊具広場側を見ていきましょう。

遊具広場

こちらは普段は遊具広場となっているのですが、繁忙期にはテントサイトとしても利用可能です。

広場の中央には大きな木製コンビネーション遊具があります。

立派な遊具です。遊具の周りはきれいな芝生となっていますが、こちらも車の乗り入れが自由なのですごく便利です。

炊事場1つと仮設トイレが3つあります。トイレはすべて洋式でした。

こちら側にも川が流れているので、水遊びが可能です。

子供連れファミリーキャンプなら遊具もあるのでこちらのほうが楽しみやすいかもしれませんね。

我が家は遊具側の川っぷちにテントを設営しました。

さて、キャンプ場の説明はこのへんにして、厚田公園キャンプ場を満喫した1泊2日を御覧ください。

 

厚田公園キャンプ場で1泊2日

今回のキャンプは息子の学校行事で土曜の午前中に出発ができませんでした。

ということで札幌からなるべく近いキャンプ場を探し、厚田公園キャンプ場となったわけです。

■1日目

到着は15:30頃でした。

一部オートサイトがあるのとのことで期待していきましたが、その区画はすでに満杯状態。

駐車場にとめて荷物を運ぶことも考えましたが、遊具広場の方も車で乗り入れ可能だったので、そちらにしました。

川の脇にスペースがあったので場所決め完了。設営です。

カマボコテント2の設営もこれで三回目。でも、やっぱりそれなりに時間がかかる。もう少し慣れが必要かもしれません。

到着からなんだかんだで2時間。17:30です。息子は遊具で遊び、友達をつくってました。

さて、夕食の準備です。

火起こし器を導入しました。楽ちんですねこれ!火起こし中にいろいろと他の作業が進みます。

 

相変わらず我が家のBBQは肉ばっか。

厚田の市場で魚介買うかって話もあったけど。時間もなかったし、しかたない。でも、外で食べる焼き鳥や焼き肉は最高に美味しいですね。

なんででしょう。

まだまだキャンプ用品が充実していない我が家は、テント内のリビングスペースは見せれないくらい雑然としている。

さらに夕食時のテーブルまわりはこれですよ。ひどい、、、

ゴミ箱買わないとだめだな。

でも、今回はこれが仲間に加わった!

ジェントスのLEDランタン。SOL-036C。

明るいですよ。しかも、光の色が変えられるのもうれしいところ。光量も変えられますけど、調整がいまいち難しいのと、そこまで変わらないのが残念なところですね。

でも、これまでつかってたLEDランタンに比べてすごく明るくてよかった。

川の音をBGMに他愛もない会話で贅沢な時間がながれ、20:30ころに息子は就寝しました。

そこからは、ランタンを消して焚き火タイム。

我が家初の焚き火です。

なんだか、ずっとみてられますね。ぼーっとしてると、川から「バシャバシャ」っと音が聞こえます。

サケです。

9月の初旬でも数匹が遡上していました。

こんな間近でサケの遡上を見たのは初めてです。少し興奮しましたね。

そんなこんなで、薪3kgを使いきり、妻は就寝しました。

僕はここから、星空撮影です。札幌から1時間でこんなにもきれいな星空がみれるなんて感動しました。

満天の星空。天の川も見えてました。でも、撮影が下手くそでよくわかりませんね。写真も勉強します。

1日目終了。就寝。

■2日目

朝は遅め。7:00に起床しました。

息子は朝から遊具やトンボとりで汗を流します。

朝食の準備はゆるりと9:00ころから始めます。

キャンプ場のチェックアウトは10:00ですが、今日はゆっくりします。昨日の到着が遅かったので。

ちなみにチェックアウト時間は10:00が基本ですが、管理人さんが12:00くらいまでならいいよって言ってくれました。緩めな感じです。ありがたいですね。

でも、我が家は夕方くらいまでゆっくりしていこうって計画なので、10:00すぎに管理棟に行って、二日目の入場料を支払いました。

で、朝食ですが、これです。

煮込みラーメン!

炭を起こすのは後片付けが大変だからとカセットコンロを導入。

Iwataniさんのタフまるです。

もうこれ便利。

コーヒーをいれるにもいいです。最高!妻たっての希望で導入したんですよ。

煮込みラーメンを三人で食べて。お昼までは川遊びです。

9月とはいえ結構あつかったので、水に入ることもできました。

川は基本浅いところ多いので遊ぶのに適した環境です。それでも、土留付近は深いので注意が必要ですよ。

そして、遡上していたサケがここにもいました。

3匹が仲良く待機してましたね。遡上中のサケは捕獲が禁止されてるので、遡上の邪魔はしないようにしましょうね。

川遊びも一段落して、昼食です。

息子も疲れた様子だったので、テントの撤収をしながら、妻がレトルトカレーを準備。

これが最高にうまかったんですな!

レトルトカレーをこんなにうまいと思ったのもこれがはじめてかもしれません。今度は本格的にカレーも作ってみたいと思いました。

食事後、テントの撤収も終えたのは15:00すぎでした。

ゆったりと贅沢な時間をすごせましたよ。

帰りには道の駅あいろーど厚田によってアイスを食べ。息子はふわふわ遊具でしばし遊び、帰路につきました。

道中、きれいな夕日も拝むことができ、大満足の厚田公園キャンプ場の旅でした。

 

さいごに

それにしても、今回も写真ベタベタとだらっとした記事になってしまいましたね。最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。

厚田公園キャンプ場では天候にも恵まれ、本当に楽しいひとときをすごせました。

テント設営がまだ少しもたつくので、次回の反省としていろいろと勉強したいと思います。

それと、今回のキャンプでもう一つ導入したアイテムがあります。

キャリーです。

今回はサイト内が車乗り入れOKだったので、キャンプ場では活躍の機会にめぐまれませんでした。でも、自宅での荷物搬出入時はすごく便利で楽ちんになりましたよ。特に我が家はマンションなので、大変だったんですよね。これから大活躍しそうです。

厚田公園キャンプ場は札幌からも近くて、行きやすい場所でした。9月末まで開設されており、9月はサケの遡上が見られます。

大きな遊具や芝生広場があるので、子連れキャンプにもってこいの場所です。オートキャンプ場のようにつかえるのも嬉しいところ。

ソフトバンクの電波が入らないのが残念ですが、デイキャンプで仲間とBBQを楽しむのもいいかなって思いましたよ。

札幌から近場のキャンプ場を探しているかたは是非です。

では!

北海道キャンプ場

2020/11/7

まあぶオートキャンプ場|設備充実の人気サイトをお得に利用する方法

まあぶオートキャンプ場に行ってきました。 充実した施設と行き届いた管理が印象的なキャンプ場。シャワールームが完備され、炊事場ではお湯が使えます。 ペット可の区画もあり、ドッグランも利用可能。幅広いキャンパーで賑わうまあぶを紹介します。 お得な割引も活用できることは行く前に絶対に知っておいてほしい!(自分が知らずに割引活用できなかったので、この記事を読んだ方には絶対にお得に利用して欲しいのでタイトルにしときました) こちらの記事では キャンプ場の概要やルール 予約方法 割引について サイトの様子 行く前に知 ...

ReadMore

北海道キャンプ場

2020/10/21

道営野塚野営場|積丹の無料キャンプ場を紹介

積丹町の道営野塚野営場に行ってきました。 海水浴ができるキャンプ場で夏には砂浜までテントでひしめき合う人気スポット。 夏は混雑で利用に二の足を踏みますが、キャンプシーズンが終わると混雑もなく波の音を聞きながら夕日などの景観を存分に楽しめます。 こちらの記事では キャンプ場の概要やルール サイトの様子 行く前に知っておきたい「野塚野営場」の情報をお伝えしていきます。   目次野塚野営場 概要基本情報料金野塚野営場のルール等野塚野営場を簡単にまとめるとこんな感じのサイト野塚野営場 サイトの様子神威岬 ...

ReadMore

北海道キャンプ場

2020/10/19

ひがしかぐら森林公園オートキャンプ場フローレ|広い区画と充実の設備で安心キャンプ

ひがしかぐら森林公園オートキャンプ場フローレに行ってきました。 各区画が広く隣とも適度なスペースが保たれているため、プライベート空間を保つことができるオートキャンプ場。 炊事場やトイレも場内に複数あり、どの区画を使っても利用しやすいサイトです。 隣接地には「ひがしかぐら森林公園キャンプ場」があり、受付はこちら側となるので注意が必要。 こちらの記事では キャンプ場の概要やルール 予約方法 受付は隣接キャンプ場 サイトの様子 行く前に知っておきたい「ひがしかぐら森林公園オートキャンプ場フローレ」の情報をお伝え ...

ReadMore

北海道キャンプ場

2020/10/1

厚真町大沼野営場|林間と草地、選べるロケーションと水辺の景観が美しいキャンプ場

厚真町の大沼野営場に行ってきました。 車の乗り入れが可能で区画等も無いことから自由に場所を選びオートキャンプが楽しめるキャンプ場。 サイトは大沼のほとりに位置し草地サイトと林間サイトから構成されています。 沼の間近にテント設営することもでき、水辺の美しい景観を楽しめることから人気のキャンプ場です。 こちらの記事では キャンプ場の概要やルール 利用方法について サイトの様子 行く前に知っておきたい「大沼野営場」の情報をお伝えしていきます。   目次大沼野営場 概要基本情報料金大沼野営場のルール等大 ...

ReadMore

北海道キャンプ場

2020/10/25

喜茂別旧双葉小学校史料館「雪月花廊」キャンプ場|まさにノスタルジック!独特な雰囲気のキャンプ場を紹介します。

喜茂別町の旧双葉小学校史料館「雪月花廊」キャンプ場に行ってきました。 廃校利用のキャンプ場で無料で楽しめる資料館や体育館。ライダーハウスやゲストハウスも充実。 テントサイトは校舎裏の芝生広場やグラウンドとなることからキャンプ場としてのロケーションは良いとは言えないかもしれません。しかし!何よりも昭和レトロでアットホームな雰囲気がすごく良いのです。 「またあのキャンプ場へ行きたい」というか「またあのキャンプ場へ帰りたい」と感じる雪月花廊。 こちらの記事では キャンプ場の概要やルール 予約について サイトの様 ...

ReadMore

\この記事はどうでしたか?/

行って良かったキャンプ場BEST5

1

星に手のとどく丘キャンプ場へ行ってきました。 道内有数の人気キャンプ場は中富良野にあります。 カーサイトやバンガローなど多彩なサイト構成で各区画が広く悠々と贅沢なキャンプを楽しむことができます。 レス ...

2

ニセコサヒナキャンプ場へ行ってきました。 蘭越町にある人気のキャンプ場はフリーサイトもオートサイトも区画分けされ、プライベート空間を確保した上に自然を満喫できます。 実際に利用してみてその人気の理由が ...

3

占冠村のニニウキャンプ場に行ってきました。 広い芝生サイトには適度に木立が立ち並び、雰囲気の良いなかキャンプを楽しめます。 オートサイトは予約が必要ですが、フリーサイトは予約無しで当日受付。スラックラ ...

4

上川郡東川町にあるアサヒの丘キャンプ場で冬キャンプを楽しんできました。 大雪遊水公園が近く、田園地帯の丘にあるキャンプ場。通年営業していることから雪中キャンプを楽しむことができます。 サイトはカーサイ ...

5

南幌町の三重湖公園でキャンプを楽しんできました。 札幌中心部から約50分ほどの距離にある湖畔のキャンプ場。 管理棟裏の平坦なメインサイトはこじんまりとしていますが、中島や湖の奥まで考えると十分な広さが ...

-北海道キャンプ場
-

© 2020 PaPaMode Camp