ファミリーパーク追分オートキャンプ場|ドッグラン貸し切りサイトはワンちゃん連れに最適

ファミリーパーク追分オートキャンプ場へ行って来ました。

札幌から車で約1時間。安平町のパークゴルフ併設のキャンプ場です。

芝生のフリーサイトには車乗入れ可能で、貸し切りドッグランサイトは車もテントも入ることができるのが特徴です。

こちらの記事では

  • キャンプ場の概要やルール
  • 各種サイトの様子
  • 各種設備の様子
  • 北海道型の池や遊具の様子

行く前に知っておきたい情報をお伝えしていきます。

 

ファミリーパーク追分オートキャンプ場 概要

基本情報

■所在
勇払郡安平町追分旭648

■開設期間
通年営業

■問い合わせ
0145-25-3480
※受付時間8:00~17:00

利用料金

■オートキャンプ(大人1人入場料込)
・1泊2日 テント1張り・車1台 1,000円(日帰り500円)
・キャンピングカー 1,500円(日帰り750円)
・貸し切りドックランサイト(犬3匹まで) 3,000円(日帰り1,500円)
・バンガロー寝具有り 1,800円
・バンガロー寝具無し 1,500円
・キャンピングカー(大) 5,000円
・キャンピングカー(中) 4,000円

上記料金は大人1名の入場料が込となっているので、2人名以降は追加料金が必要となります。

■キャンプ入場料金追加
・大人 300円
・子供 150円(小学生)

■他、追加料金
・車入場追加 700円
・テント追加 700円
・AC電源(夏季) 500円
・AC電源(冬季) 1,000円

キャンプ場のルール等

【利用時間】IN_11:00 OUT_11:00
【管理人】駐在
【焚き火】可 焚き火台使用 直火禁止
【花火】手持ちのみ 池の近くにて
【ペット】
【ごみ】持ち帰り
【用具レンタル】BBQ器具・焼き網

 

ファミリーパーク追分オートキャンプ場の各施設紹介

手書きの為、現状を優先してください。

管理棟手前側の貸し切りドッグランがこれで良かったか?自信はありません。こんな感じだったと思います。

 

管理棟

場内に入って手前側フリーサイトを右手に見ながら進むと左手に管理棟があります。

管理棟の中で受け付けですが、券売機で利用料の支払いをします。

料金表にも記載していますが、キャンプ1泊料金が1,000円となっています。この料金には大人1名の入場料・テント1張り・車1台が含まれます。

したがって、大人2名・子供1名で行った場合は追加の入場料を大人1名分、子供1名分を支払います。合計で1,450円となります。

管理棟では食事ができる上に生ビールやかき氷の販売もありました。

受付が終わると番号札付きのくいを渡されるので自分のサイトに挿しておきましょう。

サイトは管理棟の目の前と奥側に分かれています。

こちらの記事では目の前を「手前側フリーサイト」、奥側を「奥側フリーサイト」と明記することとします。

 

手前側フリーサイト

まずは手前側フリーサイトを見ていきます。


管理棟を出て右側奥はこんな感じです。傾斜しているサイトなので、なるべく平坦な場所をさがすのに苦労しました。


前の写真の車があるあたりから管理棟側を撮影。

管理棟の向かいにトイレなどの建物があり、その裏辺りが人気が高いようです。


傾斜の中腹あたりから道東自動車道側を撮影

上の方になると傾斜がきつくなります。

芝はきれいに整備されておりふかふかです。

 

憩の場

憩の場はBBQ炉が並んでおり、100名位の収容能力があります。

憩の場となりでは野菜の販売もしておりました。

 

いずみや

茅葺屋根のいずみです。


休憩スペース的な感じですかね。

こちらのキャンプ場は通年営業しているので、冬キャンプの際にはこの薪ストーブが活躍しそうです。

 

トイレ


小便器は3つ


温水洗浄便座完備は嬉しいですね。大便器は2つだったと記憶しています。(もしかしたら3つかも)

 

炊事場


トイレの外に一つあり、トイレの中にもシンクが置かれています。


何だか面白いですね。


ハウス型の炊事場。


作業はしやすそうですが、蛇口が一つなので混み合ってるときは順番待ちができそう。

 

トレーラー(大)

トイレの脇にあり借りることができるキャンピングトレーラー。

料金表ではキャンピングカー(大)と書いております。

 

炭捨場

憩の場裏手(フリーサイト側)に炭捨場があります。

写真撮り忘れました。。。

すみません。

 

それでは奥側に行ってみましょう。

見えてきました。右手に写っているキャンピングトレーラーがキャンピングカー(中)です。

 

奥側フリーサイト

奥側のフリーサイトは中央付近が平坦となっているのでテントの設営がしやすいですね。

両脇に貸し切りドッグランやドッグランモアナ(有料:1日1頭800円、2頭目以降200円)が配置されています。

 

トイレ

こちら側のトイレはプレハブ的な感じです。

少し残念ですね。

 

炊事場

炊事場は手前側より立派です。

 

貸し切りドッグランサイト

ドッグランの中に車ごと入れてテントを設営できます。

貸し切りのプライベート空間になるので、ペットの犬を連れてキャンプをするかたには嬉しいサイトです。

かなり広いので複数家族でグルキャンでも利用できそうです。

 

各施設

バンガロー

手前側フリーサイトと奥側フリーサイトの間くらいに3棟のバンガローがあります。

写真手間から4人用、4~6人用、4~8人用です。

また、管理棟の向かいも1棟あります。


こちらは10~15人用。

 

北海道の形をした池

管理棟の隣には池があり、北海道の形をしています。

多くのコイが泳いており、100円でエサやりができます。

 

シャワールーム

シャワルームは4つありました。(訪問した日は1台が故障中)

100円で3分間利用できます。

 

コテージ

池の脇にある階段をのぼっていくとコテージがあります。

こちらも複数人で利用が可能とのことです。

 

遊具

ブランコ、うんてい、シーソーなどの遊具もありました。

場所は3棟ならんだバンガロー裏のドッグランサイトの手前です。

 

パークゴルフ場

手前側フリーサイトの向かいがパークゴルフ場になっています。

1日700円、半日500円でプレイ可能です。2泊とか時間に余裕があるときは良いかもしれません。

 

さいごに

ファミリーパーク追分オートキャンプ場を紹介させていただきました。

きれいな芝生に車で自由に入れてテントを設営できるのは、近くの弥生パークキャンプ場とにていますね。生ビールがあるのも同じです。

それとなんと言ってもこちらのサイトの特徴はドッグランサイトでしょう!車ごと入れて貸し切りですから便利です。

また、通年利用できるのも大きな特徴です。雪中キャンプにチャレンジしてみたくなりました。

 

追分キャンプ場を実際に1泊2日楽しんできた様子を別記事にしていますので、下のカードリンクからどうぞ!

夜に謎の訪問者・・・安平町のキャンプ場をハシゴした1泊2日キャンプ日記

続きを見る

 

関連記事

北海道で冬キャンプ!通年営業しているキャンプ場12選!

厳冬期の北海道でも通年営業しているキャンプ場を特集します。 北海道には300以上あると言われるキャンプ場ですが、冬でも営業している場所は数える程しかありません。 冬キャンプは氷点下で雪中キャンプになる ...

続きを見る

行って良かったキャンプ場BEST5

1

星に手のとどく丘キャンプ場へ行ってきました。 道内有数の人気キャンプ場は中富良野にあります。 カーサイトやバンガローなど多彩なサイト構成で各区画が広く悠々と贅沢なキャンプを楽しむことができます。 レス ...

2

ニセコサヒナキャンプ場へ行ってきました。 蘭越町にある人気のキャンプ場はフリーサイトもオートサイトも区画分けされ、プライベート空間を確保した上に自然を満喫できます。 実際に利用してみてその人気の理由が ...

3

上川郡東川町にあるアサヒの丘キャンプ場で冬キャンプを楽しんできました。 大雪遊水公園が近く、田園地帯の丘にあるキャンプ場。通年営業していることから雪中キャンプを楽しむことができます。 サイトはカーサイ ...

4

白老ふるさと2000年の森「ポロトの森キャンプ場」へ行ってきました。 ポロト湖の脇、細い道路を車で山側へ走ること約2km、キャンプ場受付に到着。自然豊かなサイトにはバンガローとフリーサイトがあるのみ、 ...

5

真狩焚き火キャンプ場で冬キャンプを楽しんできました。 サイト北側に羊蹄山を眺め、林間フリーテントサイトで自然を感じることができる抜群のロケーション。 コンテナを利用した宿泊施設や車中泊、手ぶらキャンプ ...

-北海道キャンプ場

Copyright© PaPaMode Camp , 2020 All Rights Reserved.